観光ガイドTOP / ニュース / 平成12年9月
平成12年9月・第1週

前のページ前の週へ... 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月
7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
次の週へ...次のページ

2000年9月3日(日) Jazz Meeting 2000が開催
画像:最高気温最高気温 25.9度 画像:最低気温最低気温 21.1度 画像:くもり天気:くもり) 画像:ページ先頭へ 画像:検索ページへ

 市内の各地では運動会がおこなわれたり、山形市では「日本一のいも煮会」がおこなわれたりした9月最初の日曜日ですが、山形県総合運動公園では「山形国際ジャズフェスティバルin天童 "Jazz Meeting 2000"」が開催されました。

 このイベントは、一昨年まで蔵王でおこなわれていたモノを引き継ぐ形で開催され、日本国内だけではなく海外からもアーティストが演奏しにやってきました。正午から午後9時まで絶えずジャズが演奏され、ジャズファンにはたまらない1日になったはずです。小雨が降ったりやんだりする屋外のイベントとしてはあいにくの天候になってしまいましたが、食べ物はもちろんお酒などの屋台テントが出たりして、大変雰囲気の良いイベントになりました。

 山形の人たちは奥手というか引っ込み思案というか、コンサートみたいな「みんなで一緒に盛り上がろう!」という雰囲気にはなじめない人も多かったようですが、こういう大きなイベントがたくさん行われると、少しずつあか抜けできるような気がします (^^;

(関連ページ)
▼Jazz Meeting 2000
http://www.y-ab.co.jp/jazzmeeting/meeting.html
2000年9月2日(土) 史上2番目の真夏日数を記録
画像:最高気温最高気温 32.7度 画像:最低気温最低気温 26.8度 画像:はれ天気:はれ) 画像:ページ先頭へ 画像:検索ページへ

 山形市や天童市は盆地に位置しているため、東北地方にありながら夏は暑く冬は寒いという特徴があります。そして1933年(昭和8年)7月25日には、40.8度という日本での最高気温を山形市で記録しています。西側は霊峰・月山(がっさん)、東側は蔵王(ざおう)連峰と山々に囲まれていることから、天童市などの村山盆地ではフェーン現象がよく起きる状況にあります。

 このような気象条件があるため、1939年(昭和14年)には63日、1978年(昭和53年)には61日という真夏日の年間日数を記録しています。ところが、今年はきょうまでに61日間の真夏日を記録し、史上2番目の記録に肩を並べてしまいました。日本気象協会山形支店ではまだしばらく残暑が続きそうだということから、この63日間という記録にも届くのではないかと見ています。

 ニュースのトップページで紹介している8月の天気の移り変わりを見てみても、8月は晴れの日が続き、ほとんど雨が降っていません。洗濯したり布団を干したりするにはもってこいなんでしょうけれども、ほとんどの農家の人たちは恵みの雨を待ち続けています。

    # フェーン現象:山脈を越えて降りてきた空気が乾燥して気温上昇をもたらす現象
    # 真夏日(まなつび):日中の最高気温が30度を超えた日
(関連ページ)
▼フェーン現象の仕組み(こねっと・ワールド)
http://www.wnn.or.jp/wnn-s/okori/k_fen.html
2000年9月1日(金) 天童市防災訓練が10月1日に実施
画像:最高気温最高気温 34.2度 画像:最低気温最低気温 23.0度 画像:はれ天気:はれ) 画像:ページ先頭へ 画像:検索ページへ

 9月1日は「防災の日」ですが、みなさんご存じでしょうか? わたしは阪神大震災を契機にして、リュックに水や保存食を入れて玄関に置いています。ところで「防災の日」といえば全国各地で防災訓練がおこなわれますが、天童市では日にちをズラして10月1日(日)に荒谷小学校グランドで開催されます。当日は天童市の消防隊による演習のほかにも体験訓練などがおこなわれます。山形県の防災ヘリコプター「もがみ」もやってきますので、ご家族そろってでかけてみてはいかがでしょうか?

(関連ページ)
▼天童市のイベント(平成12年10月)
http://www.ikechang.com/event/ev00100.htm

前のページ前の週へ... 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月
7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
次の週へ...次のページ

画像:戻る「平成12年9月のニュース」へ戻る
「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C), 1997-2009 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang"