画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童雛飾り2004 (最終更新:2004年3月9日)
キーワード:

天童雛飾り2004のチラシの写真 <天童雛飾り2004>
期間
2004年3月1日(月)から2004年4月4日(日)まで
会場
郡役所資料館 (TEL 023-653-0631)
天童民芸館 (TEL 023-653-5745)
天童オルゴール博物館 (TEL 023-651-0656)
将棋むら天童タワー (TEL 023-653-3222)
広重美術館 (TEL 023-654-6555)
武内王将堂 (TEL 023-653-2279)
栄春堂 (TEL 023-653-2843)
将棋の館 (TEL 023-653-1150)
雛会席料理
割烹晃月 (TEL 023-653-5848)
割烹たか松 (TEL 023-653-8931)
割烹一久 (TEL 023-654-1919)
<天童雛飾りのチラシで豪華賞品をもらおう!>

  • 「天童雛飾り」のチラシに上記の「天童雛飾り」協賛施設のスタンプ2ヶ所分以上を集めて応募箱に投函すると、抽選で次のような豪華賞品がプレゼントされます。
  • また「天童雛飾り」のチラシを事前にお持ちの方には、料金割引や記念品プレゼントなど施設ごとの入館特典があります。
お雛様賞
天童温泉ペア宿泊券(3名様)
三人官女賞
オルゴール付き人形(5名様)
五人囃子賞
フルーツビール6本セット(5名様)
ぼんぼり賞
地酒セット(10名様)

まずはJR天童駅となり「パルテ」2階にある「天童市観光物産協会」に足を運んでチラシを手に入れましょう!天童市観光物産協会の紹介は観光スポットのページをご覧ください。

↑ ページ先頭へ移動 ↑

施設名 営業時間 休業日 内容
郡役所資料館
(施設紹介)
9:30〜17:00
(最終入館30分前)
月曜日
(除:3/1)
江戸時代から天童の旧家に伝わる雛が約20軒から集います。とくに明治時代の天童の町家の人々のてづくり押絵雛がたくさんお出迎えします。ほかに天童菓子商工組合の雛菓子紹介があります。
天童民芸館 9:00〜17:00
(最終入館30分前)
なし 日本のふる里のひな飾りをご覧下さい。◇江戸後期の農家の雛飾り◇地元猪野沢の土ひな飾り 相良土びな飾り◇不景気、昭和9年、仙台、天童のひな飾り◇昭和現代のひな飾り
天童オルゴール博物館
(施設紹介)
9:00〜17:00
(最終入館30分前)
第3火曜日
(3/16)
19世紀末ヨーロッパで愛された「西洋からくり人形」を展示し、解説を交えながら、その精巧な動きをご覧いただけます。
将棋むら天童タワー 8:00〜18:00 なし 古今雛と江戸末期衣装人形の展示と雛弁当2000円(前日まで要予約)を提供します。
広重美術館
(施設紹介)
3月:9:00〜17:00
4月:8:30〜18:00
(最終入館30分前)
火曜日 広重の浮世絵から漂う四季の香りとともに天童で活躍している方々の雛や江戸の暮らしの様子をかたどった創作和紙人形で桃の節句をお楽しみ下さい。
武内王将堂 8:00〜17:30 なし お雛壇のなかにすっぽりとおさまるような特別製のヒナ駒将棋セットの展示。
栄春堂 8:00〜18:00 第1火曜日 古代人形(御細工ひな)、姫将棋、錦盤(小)セットを展示します。
将棋の館 8:00〜17:00 臨時休業あり 時代雛の展示、将棋雛の展示・制作体験(要予約)、東北こけし雛の展示即売を行います。
割烹晃月 11:30〜14:00
17:00〜22:00
不定 雛会席料理
(雛吹き寄せちらしごはん付き)
3000円もしくは4000円(どちらも要予約)

雛ちらし
1000円(一久のみ)
割烹たか松 11:30〜14:00
17:00〜22:00
不定
割烹一久 11:30〜14:00
17:00〜22:00
不定

これらの情報は「天童雛飾り」パンフレットをもとにしています。
天童雛飾り2003マップ

(お問合せ先)
天童市観光物産協会
TEL 023-653-1680 / FAX 023-653-1685
(午前9時から午後6時まで:毎月第3月曜日休み)

天童市観光物産協会の紹介は「てんどうナビゲータ」をご覧ください

↑ ページ先頭へ移動 ↑

<山形県内各地の雛飾り>

↑ ページ先頭へ移動 ↑


画像:戻る「天童雛飾りトップページ」へ戻る
「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C), 1997-2009 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang"