画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童のニュース(平成25年5月12日) (最終更新:2013年5月19日)

2013年5月12日(日) モンテディオ山形、札幌に1対0で完敗し10位に後退

画像:最高気温最高気温 13.3度 画像:最低気温最低気温 4.9度 画像:くもり天気:くもり)

 サッカーJ2・モンテディオ山形は、天童市のNDソフトスタジアム山形(山形県総合運動公園陸上競技場)にコンサドーレ札幌を迎えてJ2リーグ第14節を戦いました。前節・敵地での岡山戦は守備のほころびから3対4で敗れてしまい「連敗は避けたい」と臨んだ一戦でしたが、守備も攻撃もちぐはぐで、0対1で敗れてしまいました。

  1. サッカー漫画「ナリキン!」とコラボレーション
  2. スタジアムの様子
  3. フラフープに挑戦するディーオ
  4. 炎のカリーパン「対戦相手を喰っちゃおー!」(コンサドーレ札幌)

▲ページ先頭へ移動

1.サッカー漫画「ナリキン!」とコラボレーション

 月刊少年チャンピオンで連載中のサッカー漫画「ナリキン!」とコラボレーションして、将棋の駒生産量日本一の天童市を全国にアピールする企画が実施されました。

 「ナリキン!」は14歳の史上最年少プロ棋士・成金歩(なりがね・あゆむ)が、好きな女の子を巡ってプロサッカークラブに入団することになり、将棋仕込みの驚愕戦法で数々の奇跡を巻き起こすというストーリーです。監修をプロ棋士の野月浩貴(のづき・ひろたか)七段が務めており、将棋つながりで天童、そしてモンテディオ山形とコラボすることが出来ました。

写真:モンテディオ山形×ナリキン!のポスター(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
モンテディオ山形×ナリキン!のポスター

(写真左)
『ナリキン!』単行本即売会のコーナーに展示されていた「モンテディオ山形×ナリキン!」のポスターで、単行本1巻から3巻までの3冊セット購入者へプレゼントされたほか、天童市内でこれから掲示される予定です。

 ポスター入手のために、わたしも早速購入! 用意された100セット、300冊は即座に完売しました。

 なお、ポスターに出演しているのは次の11名の選手です。

DF(06)山田拓巳(やまだ・たくみ)
MF(07)中村太亮(なかむら・たいすけ)
FW(09)中島裕希(なかしま・ゆうき)
MF(15)宮阪政樹(みやさか・まさき)
FW(18)萬代宏樹(ばんだい・ひろき)
MF(19)秋葉勝(あきば・まさる)
GK(21)常澤聡(ときざわ・さとし)
DF(23)イ・ジュヨン
MF(24)ロメロフランク
DF(25)作田裕次(さくだ・ゆうじ)
FW(3)山雅人(やまざき・まさと)

写真:将棋駒つくり体験コーナー(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
将棋駒つくり体験コーナー

(写真左)将棋駒つくりを体験できるコーナーも設けられました。1駒200円で参加することができ、普通の木地のほかに青いモンテカラーの将棋駒も用意され、選手名や目標を書いたオリジナル将棋駒がつくられていました。

(写真左下)日本将棋連盟天童支部の協力で将棋体験会が開催され、将棋のルール解説や、野月浩貴(のづき・ひろたか)七段による指導対局が行われました。

写真:野月浩貴七段の指導対局(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
野月浩貴(のづき・ひろたか)七段の指導対局
写真:ナリキン!原画展示コーナー(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ナリキン!原画展示コーナーでは単行本の試し読みも

写真:鈴木大四郎先生&野月浩貴七段サイン会(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
「ナリキン!」3巻セット購入者特典の鈴木大四郎先生(写真左)&野月浩貴七段サイン会

写真:鈴木大四郎先生と野月浩貴七段のサイン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
鈴木大四郎先生と野月浩貴七段のサインをコラボポスターに入れていただきました

写真:鈴木大四郎先生&野月浩貴七段トークショー(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
試合前には鈴木大四郎先生と野月浩貴七段によるトークショーも開催されました

▲ページ先頭へ移動

2.スタジアムの様子

写真:自転車に乗ったペッカ君(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
写真:将棋駒であしらったスターティングメンバー(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)

(写真左)自転車に乗ったペッカ君。「炎のカリーパン」のマスコットキャラクターで、この日は自転車でスタジアムの周りを走っていました。

(写真右)「ナリキン!」とのコラボレーション企画に合わせて、この日のスターティングメンバーが盤上の将棋駒のイメージで紹介されていました。

写真:山形・宮城物産グルメ市(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
山形・宮城物産グルメ市も開催

 今年初開催だった「山形・宮城物産グルメ市」。既存のフードコートのお店もあわせて「焼きそば」がかぶりにかぶってしまい、お互いに大変そうに見えたのは私だけ? フードコートのお店では、試合後に焼きそばを叩き売りしてました…。

 いろんなお店があることは来場者にとってはうれしいことですが、J2になって客数も少なくなり、古参の出店者にはちょっと厳しい状態に思います。

写真:石巻焼きそば(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
「石巻焼きそば」は海の幸が入ってました
写真:もつ焼きそば(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
仙台「もつ焼きそば」

写真:ビジョンの対戦カード(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ビジョンの対戦カード。山形と札幌の対戦は、

写真:札幌サポーター(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ピッチに姿を現した選手たちに声援を送る札幌サポーター

写真:ビジター自由席の札幌サポーター(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
札幌サポーターは、ビジター自由席のメインスタンド寄りに集合していました

▲ページ先頭へ移動

3.フラフープに挑戦するディーオ

 毎試合ハーフタイムに何かしらを仕出かすモンテディオ山形のマスコットキャラクター「ディーオ」、今回はフラフープに挑戦しました。一度目はうまくタイミングが合わず、フープが足元に落ちてしまいました。その後も何度か挑戦するもののうまくいかず、一輪車のときのように途中であきらめるのかと思ってしまいましたが、今回は最後まで粘り続け、なんとか成功することが出来ました。

写真:フラフープに挑戦するディーオ1(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
見ててみて!
写真:フラフープに挑戦するディーオ2(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
せーの!
写真:フラフープに挑戦するディーオ3(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ホッ!
写真:フラフープに挑戦するディーオ4(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
アレッ?!
写真:フラフープに挑戦するディーオ5(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
何度目かの挑戦で…
写真:フラフープに挑戦するディーオ6(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ヨッ!
写真:フラフープに挑戦するディーオ7(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ソレ!
写真:フラフープに挑戦するディーオ8(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
やったー!
写真:フラフープに挑戦するディーオ9(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
うまくいったよ!
写真:フラフープに挑戦するディーオ10(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ガッツポーズ!
写真:フラフープに挑戦するディーオ11(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
自分で自分を褒めたい!
写真:フラフープに挑戦するディーオ12(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
ヤッター!!

▲ページ先頭へ移動

3.炎のカリーパン「対戦相手を喰っちゃおー!」(コンサドーレ札幌)

 NDスタ名物の「炎のカリーパン『対戦相手を喰っちゃおー!』」、今回は北海道の海の幸「鮭」「かに」「ほたて」「シーフード」の4種類のカリーパンが販売されました。

写真:鮭入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
メニューその1「鮭入りカリーパン」

写真:鮭入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
北海道は、鮭の水揚げ量(捕獲数、漁獲数)で日本一です

写真:かに入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
メニューその2「かに入りカリーパン」

写真:かに入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
北海道は、カニの水揚げ量でも日本一です

写真:ほたて入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
メニューその3「ほたて入りカリーパン」

写真:ほたて入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
北海道は、ほたての水揚げ量でも日本一です

写真:シーフード入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
メニューその4「シーフード入りカリーパン」

写真:シーフード入りカリーパン(モンテディオ山形×コンサドーレ札幌)
エビや貝などが入っていました

(関連ページ)
■天童のニュース:モンテディオ山形
http://www.ikechang.com/news/montedio.html
▲ページ先頭へ移動

画像:前へ前の日へ... 今月の見出しへ... 次の日へ...画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2013 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang" All Rights Reserved.